The Origin of Species ≪MAIN≫ How To Solve It

February 03, 2005

Dialogue(対話)とDiscussion(議論)

 Dialogue(対話)Discussion(議論)はまったく違うと理解したほうがよい。対話と議論もしくは討議を混同するとコミュニケーションがスムースにいかない。つぎの英文記述は、"Dialogue : Rediscover the Transforming Power of Conversation"の著者が書いたものであるが、元をたどれば物理学者のDavid Bohmが明確にしたことで、彼はDialogueの父ともいうべき存在である。さらに言うならば、20世紀後半の科学的思考法に大きな影響を与えたGeorge Polyaの"How to Solve It"に言及しなければならない。この本は、アメリカの著名大学(ハーバード、エール、プリンストンなど)を目指す中高生のバイブルのような存在である。これについては別項で触れたい。

 さて、対話と議論の違いをひとことで言うとつぎのとおりである。

 対話: これら複数の論点をどう組み合わせたら全体として新しい論点にできるだろうか?
     I wonder how these pieces combine to create a whole?
 議論: これら複数の論点の中でどれが正しいものなのか?
     I wonder which of these is the right one?

 (以下の日本語解説は別途)

 It is often useful to contrast Dialogue with a more familiar form of communication, discussion.
Discussion has the same Greek root as percussion and concussion, discus, meaning to throw, fragment, shatter. David Bohm likened discussion to an activity where we throw our opinions back and forth in an attempt to convince each other of the rightness of a particular point of view. In this process, the whole view is often fragmented and shattered into many pieces.

 The intentions of dialogue and discussion are quite different and are contrasted below.

 Dialogue                 Discussion
 To inquire to learn            To tell, sell, persuade
 To unfold shared meaning        To gain agreement on one meaning
 To integrate multiple perspectives    To evaluate and select the best
 To uncover and examine assumptions  To justify/defend assumptions

投稿者 elmblog : February 3, 2005 07:04 AM

コメント

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。しばらく待ってください。)


情報を登録する?